バックナンバー
  • トップ

家探しにかかるお金の問題

一人暮らしをするための家探しで重要なのは、初期費用がいくらかかるかです。物件によって異なりますが、敷金や礼金そして前家賃や仲介手数料がかかります。敷金や礼金は物件によって異なりますが、家賃の1か月程度支払う場合が多くなります。不動産会社へ支払う仲介手数料は家賃の1か月から半月分程度です。これ以外に消費税がかかるのを忘れないようにします。物件によって異なるので注意が必要になります。これらの費用が部屋を借りる際に必要なお金になり、指定された日時までに支払う事が契約後に必要です。家探しをする方で初めての一人暮らしをする方は、初期費用を貯めるためにいくら必要か把握しておくと良いです。敷金や礼金以外に必要な料金として保証会社の保証料や家財保険、そして引っ越し費用がかかります。保証会社へ支払う保証料は2万円から2万円程度です。家財保険料は2年間契約の掛け捨てで2万円程度が多く、管理会社に指定をされている事が多いです。加入する事が契約の条件になるので忘れないように手続きと支払いをします。目安として家探しを初めてする方は初期費用を月に7万円程度の部屋を借りるなら、30万円程度を一人暮らしをするために用意をすると安心です。

↑PAGE TOP