急な腰痛に対処する

急にくる腰痛の原因とは一体

急に襲って来る腰痛の原因

急に来る腰痛この言葉を聞いて嫌な気持ちになられる方が、多数おられることでしょう。運動中に急に襲ってくる腰痛は、とても怖いものですね。走っているときなどに激しい腰の痛みが生じると、転んで思わぬ怪我をしかねません。

また、安静にしていても起こる場合があるのも、腰痛の怖いところです。寝起きに体を動かした瞬間にグキッと来た経験のある人は、かなり多くおられるのでは?このようにとても厄介な腰痛ですが、急に来たときは慌てず冷静に対処したいところです。急な腰痛に対処できるように、症状別の腰痛の原因を知っておきましょう。

腰痛の原因は「神経の疾患」「骨または筋肉の疲労や病気」「その他の原因」の3種類に大別できます。「神経系の疾患」とは、坐骨神経痛や帯状疱疹などのことです。これらの疾患が原因で発生する腰痛の特徴としては、ピリピリした痛みや痺れを伴うことがあげられます。

2つめにあげた「骨または筋肉の疲労や病気」が原因で起こる腰痛とは、具体的にいうと椎間板ヘルニアやぎっくり腰です。これらの腰痛は急に来ることが多いのが特徴。もし安静時などに急激な腰の痛みが発生したなら、筋肉や骨の疲労または病気を疑ってみてください。

3つめの「その他の原因」とは、文字通りここまでにあげたもの以外の原因です。具体的には「姿勢の悪さ」「激しい運動や労働」「老化」「内臓疾患」「精神的なストレス」などがこれに該当します。

「その他の原因」の中でも特に注意すべきは「内臓疾患」です。腰痛の原因となる内臓疾患には、胃潰瘍や肝硬変、胃がんなどがあげられます。これらの病気の放散痛が腰に響いている場合があるので、気になる点があるなら医療機関を受診してください。

以上のように、一口に腰痛といってもその原因はさまざま。また、治療方法も原因ごとに違ってくるものです。腰痛発生時に感じた痛みの特徴などは覚えておき、医師に正確に伝えるようにしましょう。

Copyright © 急にくる腰痛の原因とは一体. All rights reserved.